『恋愛ラボ』最新12巻感想!恋のドキドキ研究所!

女子校に通う恋愛初心者たちの恋愛研究マンガ『恋愛ラボ(らぶらぼ)』。
最新刊の12巻が11月7日に発売されました!

数年前にアニメで放送されたこのマンガですが、観たら面白いのなんの…
そんで調べたら「僕らはみんな河合荘」の作者だったんですね!

ブログでマンガランキングを書かれる方は多く、その際「僕らはみんな河合荘」の方は見かけるんですが、「恋愛ラボ」はあまり見ないんですよね。

なのでこのマンガ面白いんだぞ!って事を紹介したいと思います。
面白いだけでなく、中学生の女の子達の甘酸っぱくドキドキするシーンも紹介しようと思います!
※軽いネタバレを含みます

30秒で分かるあらすじ

舞台は私立藤崎女子中学(通称:藤女)の生徒会5人組。
藤女は所謂お嬢様学校で、恋愛なんてご法度!!

だけど、私たちだって恋愛したい!
そうだわ。この生徒会という場を恋愛研究所、略して恋愛ラボとして恋愛研究をしましょう!

あらすじはこんな感じ!
この恋愛ラボで行われる日々の恋愛研究が面白おかしく描かれている。

基本はコミカルに描かれるシーンが多いのですが、恋愛をテーマにした作品なので時に甘酸っぱい青春の1頁のようなシーンもある。
その時見せる表情や、日々の恋愛研究の成果がまた面白く、この作品の見どころでたまらない。

また、生徒会メンバーも一人一人クセがあり、それがネックで恋愛の方向が在らぬ方向に向かうのも面白さの一つだろう。
次にキャラ紹介を簡単に説明したいと思います。

生徒会メンバー紹介

倉橋莉子 - 左から2番目
藤女の生徒が憧れる藤女生の一人、通称「ワイルドの君(略してワキと陰で呼ばれている)」。
活発で男勝りな性格がお嬢様学校の藤女生には珍しく、その姿に惚れる女生徒が多い。
しかし本人はこの性格故に恋愛が上手くいかず悩む日々。
ひょんな事から真木と知り合いこの恋愛ラボに入ることになる。
現在幼馴染に片思い中。

真木夏緒 - 真ん中
莉子と同じく藤女の生徒が憧れる藤女生の一人、通称「藤姫様」。
恋愛禁止な藤女の中でも一際恋愛への憧れが強く、マンガでしか見ないような恋愛に日々思いを募らせる。
何をやらしても上手くいく能力の持ち主だが、こと恋愛に関してはさっぱり。
ぶっとんだ性格の持ち主だが恋愛への姿勢は誰よりも可愛らしく、片思い中の相手に見せる表情は素晴らしいです、ハイ。

棚橋鈴音 - 左から1番目
ドジでシャイな性格を治したく、真木に憧れ生徒会に入る。
真木の恋愛研究の現場に出くわしてしまい、そのまま恋愛ラボの参加をすることになる。
ドジな性格を本人はとても悩んでいるが、何やらしても上手くいく真木からはドジっ子ということで「ドジ師匠」と崇められている。
莉子や真木が恋愛で頑張る姿を応援するポジションだったが、最近ある人に恋をしている自分に気づき始めてきたので今後期待。

榎本結子 - 右から2番目
元生徒会長。生徒会長の時、真木が副会長だったのだが、あまりにも真木が優秀過ぎたため自分の存在は要らないと辞めてしまい真木を恨むようになる。
その後仲直りし生徒会に復帰。現副会長となる。
真木と同じくらいぶっとんだ恋愛思想の持ち主であり、自慢の髪は彼氏に「結子の髪は砂糖菓子みたいだね」と言われたいため、手入れを欠かさない。
性格はツンデレっぽいとこもあるが元生徒会長というこもあり芯がシッカリしてる。
現在片思い中。頑張る姿が可愛らしい。

水嶋沙依理 - 右から1番目
生徒会メンバーで唯一の彼氏持ち。
といっても彼氏に対する思いはあるのか無いのか良くわからず、半年ほど会わなくても大丈夫だったりする。
反対に彼氏は水嶋が大大大大好きである。

最新刊12巻の感想

ネタバレ含みます!

藤女と南中(莉子・真木・結子の好きな人が居る中学校)で行われた合同文化祭。
生徒会の5人にそれぞれ恋愛での転機があった話が多かったのです!

莉子の弟が気になりだした鈴。
シャイで男性が苦手な鈴が気軽に話をできるのが弟くんな訳だが、真木に思いを寄せる弟くんをどうしたら振り向かせる事ができるのか…。
とりあえず痩せて髪を伸ばし真木を目指すことに。
鈴の本気がこれから見られると思うとテンションが上がる!頑張れ!

水嶋はみんなの前で自分の彼氏を彼氏宣言!とうとう認めたかと思ったら速攻逃げ出すし安定してました。
「不本意ながらの今カレ」くんはめげずに頑張ってほしい笑

そしてエノは告白(?)を匂わせる発言をし、片思い相手に自分を意識させる高等テクを披露!
止まっていたメールも再開し、順調な恋愛を進めた。

さて、今回5人の中でも進展があったのはリコマキだろう。

自覚し始めた真木の恋…?!

今回の文化祭含め、これまで何度か共に問題を解決してきた真木とヤン。 最近ヤンの事になると思い悩んでいた真木だったが、自分の理想の恋愛像とはかけ離れた相手だったので気にしないようにしてたのに…。
とうとう自分がヤンの事を好きなのを自覚してしまいました!

ヤンが褒められたり報われる姿を見ると、自分のことのように嬉しくなってしまい、それが恋だと自覚する真木。
またヤンも自分の為に頑張ってくれた真木に意識が…果たしてあるのか!!?
恋愛過大妄想女とその理想クラッシャーの今後に期待!

逃げ出さなかった莉子

今までずっと言いたかったセリフをナギに言えた莉子。
思わず告白シーンは泣いてしましました。

「可愛い」と言われるのが嫌なのに女装をし劇に挑んだナギ。
そんなナギの頑張る姿に「大好きだ」と告白するも一度は「友達として」と逃げてしまい、まぁそうだよなぁ…と思ったら…!!!
「好きな人としても」だってよぉぉぉおおお!!良くやった莉子ぉぉおお!

その後暴走した莉子が体操着の匂い嗅いだ発言や、一度は逃げたけどサスマタ忘れたので帰ってきたりでアホアホだったのは笑ったww
ナギが他のコを好きと勘違いしてるのと、告白したことで、莉子のこれからの暴走が楽しみです!

まとめ

今回の12巻で初めて告白シーンがありました!
莉子がとうとう自分の思いを伝え、他のメンバーもそれぞれ大きな進展があってとても面白い最新刊だったと思います!

恋愛研究は彼氏を作るのが目標だったのでここまでがプロローグかなと思います。
それぞれの進展も楽しみですが、付き合えた先も楽しみです。

僕は結構マンガを見てきたと思うけどその中でもかなり上位に入るギャグマンガ。
そして少女マンガにも負けず劣らない恋愛エピソード。
どれをとっても最高に面白い恋愛マンガ「恋愛ラボ」
せひこの機会に見てみて欲しいです!!