あそびあそばせ最新刊2巻の感想!美少女はアポクリン汗腺


やっはろ~ぬぉーまんだ٩(๑`^´๑)۶(@Nuohman)

今回は本日(8/29)発売、あそびあそばせの新刊2巻の感想を語りたいと思います。
この作品、何でも2ちゃんやTwitterで話題になってるらしく、1巻を買おうとした時は人気過ぎてAmazonでも近場のアニメイトでも全然入手ができませんでした…
そんなあそびあそばせ、待望の新刊2巻が出たので、紹介と軽く感想を書きたいと思います!

軽くネタバレを含みますので、気になる方はあらすじだけを。 読みたい人はこの試し読みをご覧ください!

あらすじ

圧倒的画力で描かれる美少女とシュールギャグに、笑わずにはいられない!!
ギャグ漫画の最先端を行く「美少女×お遊戯」コメディ!

転校生のオリヴィアちゃんは、日本のあそびに興味津々。
英語が得意になりたい華純ちゃんは、一緒にあそぶ代わりにオリヴィアに英語を教えてもらおうとして…?
リア充になりたい華子はリア充のあそびをマネてみたくて…。
そんな利害が一致(?)した可愛い3人が所属する「遊び人研究部」で起こる、シュールで奇想天外なギャグ漫画!

ストーリーは、毎回昔ながらの遊びをやりつつ、作者の涼川りん先生によるシュールで爆笑する独特の世界観が描かれています。

遊びはあっちむいてホイ・指相撲・手押し相撲といった、子供の頃誰もがやったであろう遊びが描かれており、懐かしい気持ちで見てしまう。
そこからりん先生独自の世界観に引き込まれ、いつの間にか夢中になって読んでいる間にクセになってしまった。

このマンガの作者・涼川りん先生の魅力はそのシュールなギャグセンスもそうだが、絵の表現も魅力の一つである。
例えばあそびあそばせの前に先生が描いていたマンガ、りとる・けいおすでの1巻と2巻の表紙


2巻の表紙の子は、1巻の表紙の黒髪のコなんだが全然似てないの一言だ!

あそびあそばせでもこの様に顔イジリが凄く、一応ベースの顔はあるが、その場にあった表情を描くため毎ページ顔が違う。
顔が毎ページ違うなんて普通有り得ないことだけど、りん先生が描くとこれが正解というか、的確というか、面白さをより倍増する要素となっている。

メインヒロインの華子の表情だけでもこれだけのバリエーションがあるのだ。
f:id:Nuohman:20160830022331p:plain

こんな面白いあそびあそばせの新刊2巻の感想をこれから語りたいと思う。

最新刊の感想

表紙が凄い可愛かった…笑

これね。何でこんな可愛いのにやること全部バカなのか笑
この裏に描いてあるパジャマ姿も超・超・超可愛いんだぜ…!!?

今回はズック(靴)飛ばし・将棋・こっくりさん・かくれんぼ・大根抜きという遊び回があった。 中でもズック飛ばしと大根抜きはゲラゲラ笑えました!

ズック飛ばしは、部活申請をし忘れたことで勝手に使っていた教室を賭け、将棋部とバトルするところから始まります。
1巻で出てきた生徒会長や将棋部部長がこの回ではとにかく笑いました。 中でも部長の有志は見ものです!

大根抜きは、華子の過剰演出がこの大根抜きという遊びを一層盛り上げ、ただ大根抜きしているだけなのに笑ってしまった。

「遊び人研究会」ということで、遊び人四天王の一人を招き入れ、遊び人の極意を華子たちが知る回というのもありました。 本物の遊び人を目の前にした華子たちは四天王を目の前にしてどう行動するのか…

他にも、オリヴィアちゃん散髪に失敗するの回。
華子の家に住む謎の人・前多という人物の回と多々あります。

この前多というのがなかなかの意味不明キャラで、華子が所々おかしいのは幼少期から一緒にいた前多の影響だということが良くわかる1冊となっている。 まさか下半身からビームであそこまで掘り下げて、1話丸々使うとは思わなかったよwww

あと今回は全体的に下ネタが多めでした。 遊び人四天王の一角が出てくるぐらいだからね。
下ネタのランクも小学生が好みそうな感じのもので、下ネタが苦手な方もそれなりに楽しめるのではないかな?

このマンガへの僕の思い

ギャグ作品が個人的に凄い好きで、マンガでもアニメでも一番見てるジャンルがこれだと思う。 その中で、ここ最近一番面白いと思ってるのがこのあそびあそばせというマンガです。

美少女が出るギャグ漫画は割とたくさんあるんだよね。
「苺ましまろ」や「ゆるゆり」とかも好きで集めてるんだけど、やっぱり可愛さを売りにしてるのでゲスいラインがちょっと浅目なんだ。

それに対してあそびあそばせは、華子の表情とかもそうだし、オリヴィアちゃんがアポクリン汗腺(ワキガ)だったりと、今までの美少女というカテゴリーに対する扱い方のラインを余裕で飛び越えており、そういった所に僕はのめり込んでしまったのかも知れない。

ギャグ漫画ではあまりないちゃんとしたツッコミ役が居ないというのも、この作品が自由奔放なギャグ漫画という「らしさ」を表現した感じがして好き。

キャラの魅力が最大限に引き出されながらも、実は裏ストーリーもしっかりしているので、読めば読むほどその後が面白くなってくる。
今回だと前多という存在がそうです。

僕の中ではぐらんぶると、このマンガが絶対アニメ化されるだろうと思ってる2作品です。 面白さは間違いないのでぜひ観てみてください!!