【聲の形・アニメ映画感想】久々に心がやられる作品に出会った…


9/17公開聲の形

f:id:Nuohman:20160918050258p:plain

上映初日にガマンできず、さっそく観に行ってきました! 深夜枠(といっても21時からの)で観て来たのですがほぼ満員! この作品の人気っぷりが窺えました。

映画を観た感想を一言で表すと…


しんどい

でした…。心がやられた…。
今回はこのやられた理由を、映画の感想を踏まえ書きたいと思います!

※ネタバレ軽くあります。

「聲の形」感想は一言「しんどい」

原作の話を最初から最後まで詰め込んでいた作品でした。
尺の都合上カットされた部分もありますが、大体は映画に詰め込まれています。

映画の展開はこんな感じでした(うろ覚え…)。

  小学生編
→ 高校生編
→ 硝子再開
→ 結弦との出会い
→ 佐原と上野との再会
→ 硝子の「ちゅき」
→ 遊園地へお出かけ
→ 西宮いと死去
→ 全員と橋の上での大ゲンカ
→ 花火大会
→ 文化祭

冒頭にも書いたが、映画を見ていてあまりにもしんどくなってしまい、観ていられなくなりそうだった。
映画の出来が酷かったからではなく、虐めのシーンや西宮家の心情を考えるシーンを観るとあまりにも辛くなったからだ。

小学生編の硝子に対する虐めシーン。
覚悟はしていたがあまりにも出来栄えが良くてショックな映像となっていた。

硝子と全く同じ虐めをなぞられた将也、硝子と上野の対立、西宮ママの本当は異常なまで親子愛、自分のせいで大ケガを追ってしまった将也への償いを考える硝子など、全ての登場キャラクターの心情の描き方がとても丁寧に作られていて、上手く呼吸が出来ないほど辛くて何度も涙を流してしまった。

また、アニメ映像として動くモノとなり、マンガを観て自分が「ゾッ」としたあの恐怖感が何倍にもなって迫ってきた気がした。
そういった意味でこの映画を観た感想1位は「しんどい」だった。

キャストに関しては西宮硝子役の声優・早見沙織さんの演技力が凄すぎた。
何度か動画で見た事のある聴覚障害の方の喋り方に似ており、硝子の伝えたい「聲」をちゃんと理解したいと僕はなっていた。

映画のテーマは「恋愛」なの?

一つ残念だったのは、映画のテーマは「恋愛」と置いていたのかな?と感じたところ。

僕個人はこの作品のテーマを「変化」と捉えている。「成長」でも良いかな。
将也はいじめっ子からいじめられっ子になり、そこで感じた気持ちから大きく変わろうとした。
硝子には謝罪と幸せを。見ぬ振りをしてきた周囲の人間達とは交流を図ろうと変化していく姿に成長を感じる。

硝子は自分の障害を理解しながら、小学生時代には変える事のできなかった理想の姿に変わろうと努力する。 そして、大ゲンカで散ってしまった関係の修復を取り戻す為、新たに変わろうとしていく姿に成長を感じる。

結弦や西宮ママ、他のキャラもそれぞれ持つ昔の思いや今の気持ちと戦って、各々理想のに姿に近づこうとしていく様に、僕は「変化」というテーマが合っていると考えた。

映画が「恋愛」をテーマにしていると感じたのは以下の点があったからだ。

  • CMを観ると始まりは硝子の「ちゅき」。
  • 「ちゅき」の気持ちを伝えたいというナレーション。
  • aikoの主題歌タイトルが「恋をしたのは」

映画を作る時は「恋愛」をテーマにすると儲かるのかな?

100%恋愛が無いとは言わない。
恋愛が重要な要素となっているのは分かるし、硝子が「ちゅき」を伝えたいとのも分かる。
が、原作を観ている限り、将也は恋愛ではなく償いとして付き合っている部分がまだ大きいと思うし、大今良時先生が本当に伝えたかった気持ちは「恋愛」ではないんじゃないかなと思っていた。

その為、ラストシーンが将也の変化を将也自身が理解し涙する所で終わるので、「恋愛」と「変化」のどっちを軸に作ってるんだ?と思ってしまい残念だった。

入場者特典の描き下ろしマンガ

入場したら得点の描き下ろし漫画をいただけました!

f:id:Nuohman:20160918064642j:plain

内容は硝子ママの、硝子への愛情が窺えるシーンが絵描かれています。 西宮ママ大好きの僕には最高の特典でした笑

まとめ

映画面白かったです!
原作の漫画を観ていない人でも理解し、楽しめる作品となっています。
終わった後「しんどっ」ってなるの覚悟してるけど、僕はもう一度観ようかなと思うぐらいに楽しめました!
あとブルーレイは買おうと決めました!気が早いか笑

試写会のライブビューイング観たかったなぁ… 時間的に余裕がなかったの悔しい…

昨今「虐めっ子は虐めた相手の事など忘れている」などの話を良く聞き、実際そうじゃないかなと思ったりもする。 そんな人に虐めの両方を経験した将也の今が描かれているこの映画を観て欲しいと思った。

作品紹介

映画では描かれていないシーン。
映画と原作では異なるシーンが描かれているので、ぜひ原作も観て欲しいです!!