【マイクラ】LiteLoader・WorldEditCUI導入の仕方!forgeの共存方法 #7


マイクラ記事7弾目!
こんにちは。豆腐ハウスをめちゃくちゃに合わせりゃ雰囲気お洒落になることに気づいたぬぉーまん(@Nuohman)です。

この記事は、僕がマイクラを始めるきっかけとなった動画と同じ状態にする為、改造に1年もかかった奮闘記だ。
導入時の体験談を交え、これからマイクラにModやテクスチャを入れて楽しみたいという方向けにどこのサイトより分かりやすく教えようと心がけて書いている。
きっかけとなった動画と同じにするまでの記事は全7段のシリーズとなっている。

本日はLiteLoaderを紹介していきたいと思います。

どういったモノか、入れると得する事は何かを踏まえ、初心者の方にも分かりやすく伝えたいと思います!
実際僕でも導入が出来たので簡単ですよ!

前置き

LiteLoaderとは?

正直僕もプログラムの話は詳しくなく上手く伝えられませんが、簡単に言うと「別のForge」と思って頂ければ大丈夫です!
例えば「一括破壊系Mod」を使うにはForgeを導入してなければならないといった前提条件があるように、LiteLoader(以下LL)を導入してなければ使えないModがあるのです。

導入する意味は?

LLの導入を前提としたModを入れたければ、LLの導入は必須です。
しかし僕個人の意見は、Forgeと違い導入したいModが少なく、特にLLを入れる必要は無いかも知れません。 (無知なので面白いModはあるのかも知れないです…)

じゃあ何で入れてんだよお前って訳ですが、一つ便利なModがあったので導入しました。
その名もWorldEditCUIです。

前回こちらで紹介したWorldEditというModですが、これを更に便利に使用する為、僕はLLとWorldEditCUIを導入しました。

どの様な効果があるのかというと【座標の可視化】が出来るようになります。 観た方が分かりやすいのでこちらの画像をご覧ください。

f:id:Nuohman:20160728142355g:plain

この様にの線が出て、変更したいポイントの可視化ができるのです。 この便利なModを入れる為LLの導入法を次から紹介したいと思います。

導入条件&シリーズ記事

今回の条件
  • パソコン版MinecraftのMod導入について説明します
  • Windowsのやり方を教えます。Macの方申し訳ありません
  • バージョンは1.7.10を使用
  • 僕が実際に使っている建築系Modの紹介になります
  • 進めていく上で問題が発生した場合、自己責任でお願い致します。紹介前に一度できるか試しているので大丈夫と思いますが…

最新番は1.10.2 (2016年7月21日現在)ですが、今回導入するModが一番安定して多く導入できるバージョンが、僕の調べた感じだと1.7.10なので、こちらで行います。

LiteLoader

LLダウンロード&導入

ダウンロード先こちら!!

左側にある項目から【download】を選択。
この画面が出るので自分のバージョンを選択。(今回は1.7.10を選択する)
f:id:Nuohman:20160809140156p:plain

次の画面では【exe】を選択。
f:id:Nuohman:20160809141740p:plain

これでダウンロードは完了です。

次に導入ですが、先ほどダウンロードしたファイルを開きます。
f:id:Nuohman:20160809150802p:plain

三つ項目があると思うので
赤枠の【Extract LiteLoader jar】を選択する。

黄枠で囲った所はこれから作るファイルをどこに置くか聞かれてます。
ここはデスクトップにでも選んでおけば大丈夫。

これでOKを押せば、
liteloader-1.7.10.jar】というファイルが生成されます。

あとはこれをセーブデータの中のmodsフォルダに入れるだけ。 (Optifineとか入れたmodsフォルダです!)

LL導入確認

導入ができたので起動してみます。
LiteLoaderをいれるとトップページに行くまでの画面に変化が出ます。
f:id:Nuohman:20160809151347p:plain

下の方にInitialising…の文字とバーの出現が見られます。

トップページの右上にもこんな変化があります。
f:id:Nuohman:20160809152513p:plain

これで導入確認は終わりです。

WorldEditCUI

WorldEditCUIのダウンロード&導入

ダウンロード先こちら!!

f:id:Nuohman:20160809153022p:plain

真ん中あたりにある【download links】から自分の使うバージョンを選ぶ。(今回は1.7.10)

ファイルがダウンロードできるので、これを先ほどLLを入れたmodsフォルダに入れる。
(セーブデータの中のmodsの事。Optifineとか入れたmodsの事!)

これで導入は終わりです。

WorldEditCUIの起動確認

前提としてWorldEditCUIのModはWorldEditを導入してないと使わないので注意。

ワールドで木の斧を持って左クリックか右クリックをしてみます。

f:id:Nuohman:20160809154355p:plain

無事に赤い線が出ましたね。これでWorldEditCUIの導入も終わりです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
LLで使えるModが他にもどんなものがあるのか気になりますね。

現在街作りをしたいなと思って始めていまして、中々自分好みの土地が無いな…と思ってたところWorldEditに出会いました。
大規模な土地イジリならこれを使っても良いなと思ったのですが、可視化されてなく凄い不便に感じていたところ、このModに出会って歓喜しましたね。

建築に使えるModということでこのシリーズを書いてきましたがこれでひとまず全部終わりです! テクスチャの合体とか変更とかやってることはまだありますが、ひとまず終わろうかと。

あ、でもあと1個おまけを書こうとしてたのでそれだけ。
まぁMod関係ないんですけどねおまけ。